ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは右のダウンロードセクションからダウンロード可能です。
ファイル名をクリックするとダウンロードが開始します。

アルミニウムのリサイクル

アルミニウムのリサイクルは、経費削減や環境保全に貢献する単独の産業として、大きな成長を遂げてきました。たくさんの特殊なアルミ合金が、航空機製造や自動車製造のために開発されており、増大する需要が新品の鋼材はもちろんスクラップ素材の価格をも高騰させています。そのため、リサイクル業者は使用する素材の投入原料が何であるかを見極め、リサイクル行程の前にあらかじめ素材を格付けする作業に力を注いでいます。この素材の見極めのために、もっとも有効な方法が元素分析です。しかしながら材料をいちいち社内のラボに持ち込む大掛かりな元素分析は、無駄が多く、費用も高額となり、業務に支障をきたすような遅れを伴うこともあります。その点、持ち運びができるポータブルな分析装置なら、スクラップ現場で即座に必要な元素分析をおこない、専門家でなくとも正確で実用的な素材の特定ができます。このレポートでは、ハンディーの蛍光X線金属分析装置「SPECTRO xSORT」と持ち運びが容易な発光分光分析装置「SPECTROTEST」「SPECTROPORT」の3製品についてご紹介し、アルミニウム合金テストにおける使用法をご説明いたします。

炭素レベルが問題となる場合:合金鋼の分析、検査、選別の重要なファクター

一部の鉄鋼製品は、携帯型の蛍光X線分析装置(XRF)またはシンプルな可搬型の発光分光(OES)分析装置で容易に検査が行えます。これらの装置はサンプルの識別または品種の選別に適しています。しかし、受け入れ/出荷、または合金の選別において全数検査が求められる場合、その要件はより複雑になります。品種間で組成の小さな違いを区別するためには、鉄鋼に含まれる炭素量の精確な分析が重要となります。ここで発生する問題は、携帯型の蛍光X線分析装置(XRF)では炭素量が測定できないことです。一部のユーザーは、研究所にサンプルを持ち込んで高度な分光計で検査してもらいますが、これは時間がかかり、費用も高い方法でした。その他のユーザーは、炭素含有量を全く検査しないという潜在的なリスクを負っています。このレポートでは、可搬型の発光分光(OES)分析装置の近年の進化および新世代装置にて得られた分析結果を報告いたします。

携帯型XRF分析装置では分析が困難な9つの元素がOESでは分析可能

携帯型の蛍光X線分析装置(XRF)は、様々な産業やアプリケーションにおける多数の元素測定作業に役立ちます。SPECTROが提供するSPECTRO xSORT携帯型XRF分析装置のような先進モデルでは、迅速に精確な結果がその場で得られ、サンプルの識別や品種の選別、マグネシウムからウランに至るまでの元素の金属分析が可能になります。しかし、XRFの技術では特定の元素に対して分析の限界があります。このような制約があるため、多くのアプリケーションでは携帯型XRF分析装置から満足のいくパフォーマンスを得ることは困難です。このレポートは、炭素、硫黄、リン、アルミニウム、シリコン、マグネシウム、リチウム、ベリリウム、ホウ素など分析の困難な元素を取り上げ、可搬型の発光分光(OES)分析装置を用いることで、これらの元素をどのようにして分析するかを説明します。