ー 貴金属 分析装置

 

スペクトロが提供する貴金属分析装置

スペクトロのポータブル型蛍光X線分析装置は、買取店(質屋)や精錬所、ジュエリーメーカーなどの幅広い業界で貴金属、ジュエリーの成分分析に利用されております。
買取店(質屋)では、依然、刻印や薬品、試金石により品位確認をしているケースがありますが、刻印による鑑定は貴金属の品質を100%保証するものではなく、また薬品、試金石による鑑定は貴金属自体の損傷を間逃れず、分析にも時間を要します。
これらの課題を解決するのが、スペクトロが提供する貴金属分析装置SPECTROSCOUT、SPECTROCUBEです。 これらの装置を利用することでお客様は高価な貴金属を損傷することなく、確実に、迅速に鑑定することが可能です。 スペクトロでは主に、買取店、ジュエリーメーカー向けに比較的安価なSPECTROSCOUTを、より高い精度、パフォーマンスが要求される精錬所などにおいてはSPECTROCUBEを提供しております。

買取店、ジュエリーメーカー向け 精錬所、ジュエリーメーカー向け
SPECTROSCOUT SPECTROCUBE
SPECTROSCOUT kt at-line SPECTROCUBE

>詳細はこちら

>詳細はこちら

 

買取店、ジュエリーメーカー向け SPECTROSCOUT

中小企業経営強化税制・固定資産特例対象製品

スペクトロスカウト

分析ラボに設置される装置クラス性能をコンパクトな筐体に

 
貴金属
貴金属の取引において最も重要なことは正確な分析値が得られることです。SPECTROSCOUT ktは、SPECTRO社の30年以上に渡って培われた蛍光X線分析装置のテクノロジ―が詰め込まれ、小型でありながらも分析性能に妥協のない一台として誕生しました。正確な分析結果は、お客様との商談を安心かつスムーズにサポートします。

 

オールインワン・コンパクト

 
貴金属分析に力を発揮するSPECTROSCOUT kt
大きな試料室、高出力X線管球、オンポードプロセッサ、大容量バッテリーパックを搭載しながらも、手狭なカウンターやテーブルにフィットするデザイン。

 

持ち運び便利

 
SPECTROSCOUT ktは持ち運びが可能
キャスター付きトランスポートケース(オプション)の使用が可能で持ち運びも簡単。フィールドモデル(筐体赤色)は収納時がさらにコンパクト。そのまま持ち運ぶことも可能です。

 

外部PCへの接続も簡単

 
SPECTROSCOUT ktは外部PCへの接続も簡単
イーサネットケーブルまたはWifiで外部PC専用ソフトウェア『XRF Analyzer Pro』との接続が可能です。装置の制御はもちろんのこと、収集したスペクトラムの閲覧、充実したレポート機能などをご利用できます。

 

装置仕様

 

名称 SPECTROSCOUT kt at-line SPECTROSCOUT kt
外観 SPECTROSCOUT kt at-line SPECTROSCOUT kt
使用場所 屋内を想定 屋内・屋外両方
管球 Rh(最大50kV)
検出器 Si-PIN
分析径 1mm、2mmの自動切換
分析元素 21元素、工場設定済み
装置寸法 306(W)x306(D)x350(H)mm
収納時高さ 270(H)mm
ふた開閉 手動 自動
電源 90-264 V AC / 50-60 Hz
バッテリー オプション 標準付属
重量 11kg(バッテリー除く)
11.75kg(バッテリー込み)

 

 

 

精錬所、ジュエリーメーカー向け SPECTROCUBE

spectrocube


 

高速かつ正確に分析可能

 
貴金属
金(Au)、プラチナ(Pt)、パラジウム(Pd)、銀(Ag)をはじめ、貴金属リサイクル原料に含まれるその他多種の元素をも高速かつ正確に判定します。貴金属買取店での使用のみならず、ジュエリーメーカーにおける製品出荷前の検品や、精錬所/地金メーカーの原料受け入れ検査など幅広い用途での使用が可能です。 

スピードと分析精度の両立

 
スピードと分析精度を備えた蛍光X線分析装置
貴金属の分析において、SPECTROCUBEはわずか15秒程度で広い濃度範囲で高精度な分析を提供します。これはこのクラスの多くの装置と比べ2倍速く、1日あたり数百もの貴金属試料の分析を可能にします。
 

使いやすさを追求

 
使いやすさを追求した蛍光X線分析装置
分析機になじみのない初心者にとっても高速でスムーズなワークフローを提供します。分析結果の表示、印刷、そして送信など、後のデータ使用やコンプライアンスの証明用に必要な機能もすべてサポートされています。
 

微小部の分析

 
微小部の分析が可能な蛍光X線分析装置
分析位置観察カメラを備えた下面照射方式(下からX線をあてる)では、サンプルを置くだけで分析の準備が完了します。分析スポット径は最小0.2mm。コンビリングをはじめ、微小部位の検査が求められる貴金属ジュエリーの品質管理にも最適です。
 

ソフトウェア新機能『ベストプラクティス』

 
ソフトウェア新機能
動画を含む、使い方のヒントが閲覧可能なページへのリンクボタンです。種々のサンプルの置き方や保護フィルムの交換方法などを動画から学ぶことができます。初心者へのトレーニングツールとして活用可能です。“使いやすさの追求”がここにも新機能として追加されました!
 

装置仕様

 

名称 SPECTROCUBE D
Precious Metals Package
管球 Mo(最大50kV)
検出器 SDD
分析径 0.2 / 1 / 1.2 / 2 / 4mm 自動切換
分析元素 31元素、工場設定済み
装置寸法 520(W)x540(D)x380(H)mm
重量 48kg
電源 95-120 V / 200-240 V, 50/60 Hz
制御 Windows OS PC